汢鰍フ天使(Angelsoffire)


ェ炎の天使(Angelsoffire)

暗闇を明るく照らす光、不浄なものを焼く浄化作用
・古代神話において”炎”は神のみが所有する大切なものであった。世界各地で火あるいは炎を、神聖なものとみなす信仰が存在する。
火は、一般的に「威光」と「権限」を象徴するものとされ、キリスト教では「殉教」「地獄」、あるいは、宗教的な「熱意」をあらわすものである。
・ユダヤ教においても炎は最も清浄なものであり、神自身が炎となって姿をあらわした事も記されている。
・ローマカトリック教会では、復活祭に”火の再生”という儀式を行っている。
・炎から作り出された天使には、ナタナエル(Nathanael)、アレル(Arel)、アトニエル(Atuniel)、ヨホエル(Johoel)、アルダレル(Ardarel)、ガブリエル(Gabliel)、セラフィ(Seraph)、ウリエル(Uriel)がいる。
[8]天使の職務 [9]天使 ト[0]ファンタジー図鑑